写真集配の終焉

数日前に近所のドラッグストアに行った時の話。
そこには日本ジャンボーのオーダーキャッチャーが置いてあるのですが、そこの納期票を何気なしに覗いてみると・・・

1月後半から納期表が真っ白になっていまして。その下を見ると「アナログ写真の集配業務を1月〇×日で終了させていただきます」の貼紙が出ていました。ついでに「アナログ写真のサービス提供業務の提供はもはや限界」らしきことも。

 

日本ジャンボーっていえば、あの黄色い看板でクリーニング屋あたりまで集配店を張り巡らしていたアザー系(昔の主要3社=フジ、コダック、コニカ以外)の雄みたいな会社でしたが、いまやNJ社のメインは別の業態の運営であるのは皆さんご存知の通り。昨今のアナログ絶滅状態を見るにつけ、いままで集配をよく維持してきたな~、ともうことしきりです。

自分もアナログ写真はここ数年やることなんてなくて。機器の維持はしていますが、やろうと思うと電池買って、動作確認して、白黒フィルムを買って、温度管理して現像して、~~~、みたいなことをする労力はあるかなぁ、というのが現状です(誰でも同じだと思う)。

仕事辞めたらまた一通り白黒アナログはやってみようかと思いますが、すでに白黒フィルムのラインナップは片手で足りるほどしかなく、(ゆっくり写真を撮る)時期を待って腰を据えて写真を撮ろうと思ったときには海外産のフィルムくらいしかないかもしれません・・・

考えてみればもはや自分の写真人生の半分以上はデジタルでの付き合いになっていて、後戻りすることもないのかな~とも思ったり。(これは無線なんかでクラシックな部分とかがわからないとふがふが、と窘められるのと同じ?)

で、集配以外のその場でプリントサービス的な部分はやってくれるみたいですが、昔ながらの現像液を使ってカラーの銀塩写真をやってくれるサービスは通販でやる、というしか手段として無くなってしまうのでしょう、そして日量の維持とケミカルの供給の維持が出来なくなっていくと、コダクロームみたいに世界州でここだけ、とかいう風になって、地球上で絶滅してしまうのでしょうね・・・・はい。

昨年撮った写真は・・・

新年あけましておめでとうございます。

本年もユルリとやるつもりですので、よろしくお願いします。

 

昨年はなんかインスラグラムが主要画像表現になってしまって?、ブログでナンタラ、という感じではなくなってしまいました。時代の流れ、流行りもの、なんとかには巻かれろ、というものでして・・・はい(笑)

昨年はなんか【写真】のように、画像データの容量がすごい量になってしまいました。その前の年が7GBくらいだった、1800ファイルくらい増えているのでいかになんかよくわからんけど?撮りまくっていることになります。

20年前のフォルダは90MBくらいだったので容量で200倍くらい撮ってます。
(すぐわかる20年前のデジカメファイルがあることくらい実はすごい?)

実際撮っているのはスマホ、iPhoneばっかりです。これでほとんどの用は足りてるレベルの写真を撮っているのも現実なんですが・・・・(笑)

 

今年は昨年を上回る写真を撮るのかな・・・?
来月ケイタイを変えるので、さらに熱が入りそうです(たぶん)。。。。(笑)

インスタグラム

久しぶりに書きます(笑)

 

なんかすごい間隔を空けてしまいました。忙しくてサイト管理まで手が回らないという事もあるんですが・・・・

 

やっぱはまってしまった「インスタグラム」といいますかなんといいますか。
すぐに反応のあるものはやめられませんね(笑)

 

けどなんか昔から旅も無線も写真もそうなんですが、それを通じて人のつながりとかそういうものを作りたいなぁ、と思って続けていたので、インスタグラムなんかは願ったりかなったり、のツールでもあったりするわけですね。自分のやってることを通じて世界中とつながりあえるなんてのは夢にも思ってなかった展開だったりしまして。

昔なんかだと写真仲間を作ろうと思ったらそれこそ写真サークルや写真教室に通うとか、写真部に入るとか、ロケハンして現場でそういう付き合いを作るとか、そういう事くらいしか人間関係を作れなかったと思うんですが、ITがすべてを変えてくれたといいますかなんといいますか。長年の夢が今叶いつつあるような感じがします。

そういう意味では自分も時流に乗って使っていく風になっていった、というのは自然の流れでありまして・・・いい時代になったものです。
80くらいまで生きるとしたらあと30年位かなぁ、せいぜい楽しませてもらいたいと思う次第であります(謎 (笑)

24年ぶりの代々木八幡

yoyogihachiman_00

(写真は、LSE。もうすぐ引退らしくて、これだけ撮りに来た、という人もいました)

6/10。

24年ぶりに代々木八幡のお立ち台に行ってきました。

保存してあるスライドファイルをみたら、前回が1993年で、それ以来の訪問でした。

駅そのものは現在工事中で、構内からは撮影は難しそうでした(警備員がいるため、無理して撮るのはやめた方がいいと思います)。駅の横の踏切はほぼ同じ構図で取れるので、そこでいいと思います。

yoyogihachiman_01

(写真は上りのEXEの後追い。)

自分はこういう写真がスキなんですが、なかなかうまいタイミングで撮れません。(予定が詰まっていたので)1時間だけいたのですが、これが精いっぱいだったかな。。。成果はイマイチだったのですが、24年ぶりに行ってよかった。

今回は京急八ツ山橋とここだけだったのですが、久しぶりの鉄ちゃんということでいいガズ抜きになりました。

(写真はK10Dと75-300mmズーム)

ことしのサクラ

sakura20170409_01今年も年に一度のお祭り?さくら写真の季節となりました。写真好きの仕事人としては週末に満開の桜を仕留めることが出来るのか、年に一度のバクチを打たないといけないわけです。

毎年下の写真の場所を拝んでいる(ここは僕の会社への通勤路です、へへっ(笑))のですが、今年は上の写真の場所を仕留めることに成功。場所は桑名市内の嘉例川の河川敷。

子供のころは僕の通学路だったのですが、こんな景色じゃなかったな。40年弱たったらこんなに枝ぶりがよくなって。リサイズかけているのでショボPですが、オリジ、そして現場は圧巻です。下の菜の花がもっと咲いていれば申し分なかったんですけどね(笑)おまけですが嘉例川はこんなにきれいじゃなかったです<僕の子供のころは)

sakura20170409_02

ここは有名?な木曾岬の桜並木。
この時期だけ車のスピードが落ちます(笑)

ゆっくり走れば10分ほど桜並木の下、場所によってはさくらのトンネルの通り抜けができます。

===

余談的な話ですが、ここぞというときにはそれなりのカメラで撮りましょう。今回はQ7で撮りました。オリジはやっぱけーたいよりいいカメラのほうがいいに決まってます(笑)

まっすぐな道

massugu02

写真は上富良野から富良野に向かう、どこまでもまっすぐな道。

一旦停止と信号が計3か所くらいしかないまっすぐな道です。富良野から十勝岳温泉に向かう最短ルート。237号の車の多さとは無縁の道です。

富良野に向かえば目の前に芦別岳などを望み、上富良野に向かえば右手に十勝岳連峰を望む道です。丘も見えるしこの上なく素晴らしい景色が広がります。(よそ見注意(笑))

massugu01

(十勝岳温泉/吹上温泉に向かう道です)

北海道には走ってみたい道がいっぱいあります。まだ走り足りてないです。

なので飽ききるまでまた行ってしまうと思います(笑)

お土産などは腐るほど回数のある北海道物産展で年中手に入るようになってしまいました。(ありがたみが無くなってしまった。なので今回は自分の土産は買わなかった。)景色や実体験は持ってきてもらう事が出来ませんので、通いになっちゃいます。

このことが理解できない人は、北海道にかかわらず旅に身を預けることは難しいでしょう・・・hi。

小樽/手宮線

temiya

久しぶりの北海道旅行の最初の目的地は小樽でした。

小樽運河あたりを見せてあげて、なんか喰って帰ってくればいいかぁ、くらいの気持ちで。とにかく端折り旅行だったので数時間の滞在で。駅から運河に行く途中で、この場所で家族に止められました。

「パパの撮った写真の場所だよ!」

で。

手宮線の跡地でした。歩きスマホでぼーっとしていたので気づかなかった。情けない限り。

ああ 情けないパパです。

otaru_19950503_02

(ILFORD-XP2,1995-05-03)

あれは27年前の話。

まだ鉄道写真に燃えていたころでした。シロクニ(C-62-3)が復活を遂げて、問題が表沙汰に出ずに走っていたころでした。この時もGWの高い航空券を買って山線に参戦してました。帰りに築港まで追いかけて、駅に戻ってくる途中に手宮線があって。

otaru_19950503

この写真が「パパ!」と止められた写真です。

ポストカードにしたし、この写真でCAPAにも載せてもらいました(^^)

本棚に飾ってあったので家族の方が覚えていました。

気づかなかった自分が情けない(笑)

27年ぶりに訪れる事が出来て、こうして書き込みができることが嬉しくてたまらない。

行っといてよかったです。

美瑛の丘 その2

oka

日曜日は美瑛の丘巡りでした。

一面白銀の世界で、ピーカンの晴れは、幾度どなく通った中でほとんどなかったような。

これはiPhoneで撮ったもの。

やはりかしこいね、この電話機。機動性はいいし、すぐ撮れるし。すぐアップロードできるし。

ちなみにこの時だれもいませんでした、我が家だけで独占でした(^^)

ケンメリの木の近くです。

 

親子の木/美瑛

oyakonoki

3/18~20で久しぶりに北海道に行きました。

冬の北海道は新婚旅行で行った時以来なので、18年ぶりになります。

いろいろ思うことがありましたが、ここは写真のブログなので与太話は他のところで。

写真は「親子の木」です。

カメラはiPhone6です。多少いじりましたが、Webネタを撮るのには十分です。

Q7を持っていきましたが、ほとんど使いませんでした(笑)

今回600枚くらいあれこれとってしまいました。アナログなら現像代で顔真っ青、な金額です(^^;

 

ぼちぼち上げてあれこれ書いていきますネ!(^^)

カビ保防止剤

bic

 

先日、名駅のビックにカビ防止剤を買いに行きました(それ以外にも目的はあったんですが(笑))。

ところが・・・メジャーどころと思っていたフジカラーのカビ防止剤が、ない。

ハクバのソレ類似品はあったんですが、フジカラーのソレはなかったのでした。。(涙

どうしても欲しかったのにはわけがあって。

昔のポジの保存、とりわけスライドファイルに入れるにはこれが一番なのですが、結構保存にはルーズになっていまして。

乾燥剤でも別にいい(とは思う)んですが、中の成分が違うし、それにはそれの商品を使わないと・・・・(^^)

外に出せるようなたいした写真があるわけでもなく、なんですが記録や思い出にはうまい下手はかんけいないわけでして、、、、(笑 やっぱたまには目をかけてやらないといかんなぁ、ということでして、、(^^)

kabi

しかたなく?同じビックの通販でおとりよせ。

2日後には手元にありました。製造年月日見たら10/26とか刻印がありました。いまでもニーズはあって、時々はそれなりロット作っているのでしょう。

余談ですがもうビックの写真用品売り場はかなり縮小されていて、僕の記憶に間違いがなければ栄のヨドバシに遠く及ばないんじゃないのかな?みたいな感じでした。この手の物は通販でお取り寄せ、の時代なのでしょう。期限切迫の4×5のリバーサルとか処分(といってもそれなりの価格でしたが(笑))になっていたし、モノクロ長巻も海外製の物がちょっと置いてあるだけ。白黒ケミカルも昔に比べたらかなり割高だし、もし実家の暗室を復活させたらどー維持していこうかな、と「また」思ってしまいました、、、(;´・ω・)