未分類

アナログカメラのメンテ

先週末、アナログカメラのメンテを久しぶりにしました。

もう数年アナログで写真を撮っていません。けど将来アナログををやりたくなった時のために最低限の環境は残してあるんですけど、いざその時になって動くかどうかわからない、という事は避けなくてはいけないので、、、という意味で(笑)

 

まずは電池の確保から進めなくてはいけません。考えてみれば1次電池を食いつぶすアナログ写真は今のコからすればお金をドブ捨てしているのと同じと思われても仕方のないことなのですが・・・(苦笑
自分もここで思いとどまってしまっていたのですが、思い切って1200円払って?電池を1コ買いました!(笑)

で、家に帰って写真人生の伴侶でもあった、PENTAX SFXnに電池を入れてみます・・・・
が。

2台とも通電したんですけど、1台は動きません。動作系はいかれてしまっています。基盤の電子部品が動作しないのでしょう。露光計も動かないし、AFも動作しない。ワインダーも動かない。これはもうだめ。脳死状態?のようです。
もう1台は幸いにも動きました。シャッターも切れて、ストロボもモードラも作動します。救われました。これでフイルム写真が撮れることが確定。
あと、嫁さんの持っているMZ-50も電池を入れ替えて動かしてみましたが、こちらはちゃんと動いた(それよりもいつ入れたかわからないベルビア100が入っていて怖くなった、1枚目がカウンター値だったので、多分ナマだろう、とりあえずカメラから出した(^^;

しかし・・・・いざアナログをやろうとするとこういう目に遭うのだな、という事を実感・・・特に電子化が進んだ時期のアナログカメラは基板の電子部品がいかれて居るともうアウト、という訳で・・・
ということは、アナログをやろうとするにはメカシャッター、完全電池なしでの動作可能とかそういうカメラ、はたまたレンズシャッターのブローニーカメラ(たとえばハッセル?高いよね、それはヤダw)、シートフィルムで同じくレンズシャッターのカメラとか・・・・ええーそれは困るよね・・・、ハードオフとか中古カメラ市とかでメカシャッターのカメラを探すの??とうことに将来的になってしまうのかな。それって真空管を探してさまよい歩くオーディオマニアとかアマ無線家と同じ境遇になってしまうのかも。

とりあえずアナログ動作のカメラが2台家に存在するという事は確認できたのが今回の成果。レンズ関係もほとんど問題なし。(けどズームレンズはグリスが硬くなってしまっているのかな、動きがきつくなっているものもあって。こういう物も時々ちゃんと動かしてあげないといけませんネ。

あと・・・現在のレンズ(特に安い物)はプラの貼り合わせがほとんどななんですけど、ガラスレンズはキレイ!美しい!光の屈曲が違うので、見ていてその透き通るタマの美しいこと・・・・捨てるどころか使ってやらんとかわいそうな気になってしまいました・・・(^▽^)/

写真集配の終焉

数日前に近所のドラッグストアに行った時の話。
そこには日本ジャンボーのオーダーキャッチャーが置いてあるのですが、そこの納期票を何気なしに覗いてみると・・・

1月後半から納期表が真っ白になっていまして。その下を見ると「アナログ写真の集配業務を1月〇×日で終了させていただきます」の貼紙が出ていました。ついでに「アナログ写真のサービス提供業務の提供はもはや限界」らしきことも。

 

日本ジャンボーっていえば、あの黄色い看板でクリーニング屋あたりまで集配店を張り巡らしていたアザー系(昔の主要3社=フジ、コダック、コニカ以外)の雄みたいな会社でしたが、いまやNJ社のメインは別の業態の運営であるのは皆さんご存知の通り。昨今のアナログ絶滅状態を見るにつけ、いままで集配をよく維持してきたな~、ともうことしきりです。

自分もアナログ写真はここ数年やることなんてなくて。機器の維持はしていますが、やろうと思うと電池買って、動作確認して、白黒フィルムを買って、温度管理して現像して、~~~、みたいなことをする労力はあるかなぁ、というのが現状です(誰でも同じだと思う)。

仕事辞めたらまた一通り白黒アナログはやってみようかと思いますが、すでに白黒フィルムのラインナップは片手で足りるほどしかなく、(ゆっくり写真を撮る)時期を待って腰を据えて写真を撮ろうと思ったときには海外産のフィルムくらいしかないかもしれません・・・

考えてみればもはや自分の写真人生の半分以上はデジタルでの付き合いになっていて、後戻りすることもないのかな~とも思ったり。(これは無線なんかでクラシックな部分とかがわからないとふがふが、と窘められるのと同じ?)

で、集配以外のその場でプリントサービス的な部分はやってくれるみたいですが、昔ながらの現像液を使ってカラーの銀塩写真をやってくれるサービスは通販でやる、というしか手段として無くなってしまうのでしょう、そして日量の維持とケミカルの供給の維持が出来なくなっていくと、コダクロームみたいに世界州でここだけ、とかいう風になって、地球上で絶滅してしまうのでしょうね・・・・はい。

昨年撮った写真は・・・

新年あけましておめでとうございます。

本年もユルリとやるつもりですので、よろしくお願いします。

 

昨年はなんかインスラグラムが主要画像表現になってしまって?、ブログでナンタラ、という感じではなくなってしまいました。時代の流れ、流行りもの、なんとかには巻かれろ、というものでして・・・はい(笑)

昨年はなんか【写真】のように、画像データの容量がすごい量になってしまいました。その前の年が7GBくらいだった、1800ファイルくらい増えているのでいかになんかよくわからんけど?撮りまくっていることになります。

20年前のフォルダは90MBくらいだったので容量で200倍くらい撮ってます。
(すぐわかる20年前のデジカメファイルがあることくらい実はすごい?)

実際撮っているのはスマホ、iPhoneばっかりです。これでほとんどの用は足りてるレベルの写真を撮っているのも現実なんですが・・・・(笑)

 

今年は昨年を上回る写真を撮るのかな・・・?
来月ケイタイを変えるので、さらに熱が入りそうです(たぶん)。。。。(笑)

インスタグラム

久しぶりに書きます(笑)

 

なんかすごい間隔を空けてしまいました。忙しくてサイト管理まで手が回らないという事もあるんですが・・・・

 

やっぱはまってしまった「インスタグラム」といいますかなんといいますか。
すぐに反応のあるものはやめられませんね(笑)

 

けどなんか昔から旅も無線も写真もそうなんですが、それを通じて人のつながりとかそういうものを作りたいなぁ、と思って続けていたので、インスタグラムなんかは願ったりかなったり、のツールでもあったりするわけですね。自分のやってることを通じて世界中とつながりあえるなんてのは夢にも思ってなかった展開だったりしまして。

昔なんかだと写真仲間を作ろうと思ったらそれこそ写真サークルや写真教室に通うとか、写真部に入るとか、ロケハンして現場でそういう付き合いを作るとか、そういう事くらいしか人間関係を作れなかったと思うんですが、ITがすべてを変えてくれたといいますかなんといいますか。長年の夢が今叶いつつあるような感じがします。

そういう意味では自分も時流に乗って使っていく風になっていった、というのは自然の流れでありまして・・・いい時代になったものです。
80くらいまで生きるとしたらあと30年位かなぁ、せいぜい楽しませてもらいたいと思う次第であります(謎 (笑)

カビ保防止剤

bic

 

先日、名駅のビックにカビ防止剤を買いに行きました(それ以外にも目的はあったんですが(笑))。

ところが・・・メジャーどころと思っていたフジカラーのカビ防止剤が、ない。

ハクバのソレ類似品はあったんですが、フジカラーのソレはなかったのでした。。(涙

どうしても欲しかったのにはわけがあって。

昔のポジの保存、とりわけスライドファイルに入れるにはこれが一番なのですが、結構保存にはルーズになっていまして。

乾燥剤でも別にいい(とは思う)んですが、中の成分が違うし、それにはそれの商品を使わないと・・・・(^^)

外に出せるようなたいした写真があるわけでもなく、なんですが記録や思い出にはうまい下手はかんけいないわけでして、、、、(笑 やっぱたまには目をかけてやらないといかんなぁ、ということでして、、(^^)

kabi

しかたなく?同じビックの通販でおとりよせ。

2日後には手元にありました。製造年月日見たら10/26とか刻印がありました。いまでもニーズはあって、時々はそれなりロット作っているのでしょう。

余談ですがもうビックの写真用品売り場はかなり縮小されていて、僕の記憶に間違いがなければ栄のヨドバシに遠く及ばないんじゃないのかな?みたいな感じでした。この手の物は通販でお取り寄せ、の時代なのでしょう。期限切迫の4×5のリバーサルとか処分(といってもそれなりの価格でしたが(笑))になっていたし、モノクロ長巻も海外製の物がちょっと置いてあるだけ。白黒ケミカルも昔に比べたらかなり割高だし、もし実家の暗室を復活させたらどー維持していこうかな、と「また」思ってしまいました、、、(;´・ω・)

次のアイテム

kame

Q7を買ってそれなりの時期が経ちまして。

案の定使いこなそうかと思ったら私事忙しくなってしまいまして、ぜんぜん使いこなしどころではない状況です。

ブログのネタ用カメラに成り下がっています。動画も撮れるのですがやったのは最初だけで(爆)

けどやっぱなんかほしくなります。写真をやろうとする動機付けをハードに求めてしまうのは(ついつい新製品を確かめてもないのに予約で買ってしまう)アマチュア無線も写真趣味も同じなんでしょう、不幸な趣味を生きがいにしてしまった、激しく後悔しています(爆(そんなわけないでしょ!w)

 

ほしいのもを(僕はペンタ純粋主義なんで)左から並べてみました。(なおK-1とかいうシロモノが出てくるようですが、今回は予算範囲外なので除外しますw)

検討機種は1年ごとに出てきているもの、K-50、K-S1、K-S2と並べました(候補にしました)。

なお今持っているのか8年位前にもう世に出ていたK10Dなので購入時の比較対象外にもします(中古価格を見ると涙が出てしまう~!笑))

ネットのレビューとか、カタログとか 、いろいろ見たのですが予算的に手の出るのはどうだろう、K-S1くらいかなぁ、と考えています。

K-50は乾電池モデルなのでいざというときとかのことをつい考えてしまう乾電池崇拝主義者の私としましては(^^;)、これは非常にポイントとして高いのですが・・・けど考えてみれば乾電池のコンデジを買った自分、よく考えてみれば乾電池のありがたさを甘受(享受?)する場面はほとんどなかったような気が・・・・・ひょっとしなくてもこれはセールスポイントではないかもしれないと。(考えてみればNP-60を買いまくってVX-3(ヤエスのハンディ無線機)のために!とやったのに、よく自分の行動を見てみるとそういう運用ぜんせんしなくて、充電しては放電しちゃって、また充電して~の繰り返しばっかりやってる。それと同じかw。たぶんエネループ充電しては使わなくて放電して、さらに充電しては放電させて、で終わりかも(爆))

K-S2はこれの上位機種なんだけど、はたして自分にはそんなもんいるんかいな・・・という話でもありまして。浮いたお金で周辺機器を買いなおしたほうがいいんじゃないのかな、とも思ってしまうわけでして・・・(特に三脚とか買いなおさなくちゃいけない現実が・・・)

幸いにもまだK-S1はネットとかで買うとお得なモデルとか残っているので、これをターゲットにしようかな・・(^^;)

#ちなみに購入は「無線機買おうかな」の選択肢との決戦投票が控えております。負ければなかった話になるということで・・・・(爆

 

写ルンです、の提灯記事?

少し間を開けてしまいました・・・(^^;

写ルンです、が流行っている・・・?なんていう記事を最近ちらほら見かけるようになりました。

なんか30周年とか言って記念キットが出ているようで、初期モデルのガワをつけられるようにオマケがついているもののようです。

で・・・・

ネットに出ている記事類を見て、「う~ん・・・」となってしまったものがあります。

どう見てもそれらは提灯記事じゃないの?と思ってしまう記事類があって。

あ、この人アナログ写真をやってないな、多分頼まれて書いたんだな、と思わせるものまであって。写ルンですは固定焦点の固定絞り、紙焼き写真の完成には焼きの段階で機械の性能と人の手でリカバリーされて出来上がるんだという事を全く無視ているものがあったりして。

これ以上書くとそれは延々とケチ付けの文章になってしまうのでこのくらいにしますが、ああ時代は一回りしてしまったのだな~と変な意味で実感した出来事だったのでした・・・・。

カメラ屋さん

久しぶりに書きます。

 

昨日久しぶりに市内のショッピングセンターへ。

入っていたカメラ屋が改装オープンしていたのですが・・・・みたらミニラボらしき機械がが消えていました。そのかわりプリントのブースが増えて、じっくりゆっくり写真をオーダーできるように変わっていました。

まあデジタルミニラボからフィルムのプロセス引いたらそうデカイ機械にはならないはずでどっか見えないところに隠したのかなとも推測しましたが。。。。

いよいよ銀塩フィルムもネガ現像だと(リバーサルみたいに)集約されていくのでしょう、と思った次第です。そして国内でも数か所の集約になり・・・となってしまうのかな。あのアザー系(other、系列ラボでない系の参入、例えばクリーニング店とかでも取り次いでくれた時代の事です(^^;)全盛の事を思うとそうなるまでに(銀塩写真創生から考えると)一体何年かかった?という話でもあります。

いよいよフィルム写真は(昔から自分が垂れていたように)モノクロでしかできなくなる時代がすぐそこに迫っています。
自分でB/Wの現像からそのあとのことまで面倒見切れない人のカメラはただの用のない塊で、見てうっとり、しか用途がないことになってしまいます・・・・はい(^^;

撮り鉄

shirasagi_19931011

特急しらさぎ 1993-10-11 新疋田
485系時代です。
485ももう風前のともしびで、どっかにちょこっと残っていいるだけですよね。。

#あいかわらずモノクロ。
 モノクロは30年前にはISO400がデフォルトだったので、ちょっと厳しいときの写真は全部モノクロコレクションなのです・・・・(^_^;)

いまはたしか疋田も厳しくなったのか、昔とれていたポジションでの写真は出てて来ませんね。
撮り鉄は昔に比べて一部の心無いヤツによってだいぶ肩身が狭くなりました。
昔もそれなりに険しいことはあったのですが、最近は?がつく話が多いですね。
アマチュア無線もそうなんですが、趣味はごゆるりとやりたいものです・・・

スキャナをぽちった

きょう、何気なしに? 135のフィルムフィルムスキャナをポチッてしまいました。

http://www.kenko-tokina.co.jp/discontinued/maintenance/scanner/4961607863374.html

ケンコーのコレの、Amazonバージョンです。5000円弱でした。
一応ライトボックスユニットのあるキャノンのスキャナは持っているのですが、もう最新OSでのドライバの提供が無く、かつガラスの内側に汚れやカビと思われる物が発生していて。場所も取るし、そろそろ買い換えようと思って・・・・

まあもうフィルムで撮ることもほとんど無いと思うんだけど、過去の資産の活用にはアイテムとしている事には変わりない、という判断で。。
あと、カメラ屋が消えつつあり、フィルム持っていても直ぐに紙焼きできない、という現実がある事も。。

とりあえずネットユースに対応できればいい、という考え方でポチりました。
明日くる予定です。果たして結果はいかに。。。