未分類

コンデジ写真

iseshima

写真は伊勢志摩展望台(鳥羽)。
2005-6-5 カシオEXLIM-Z50で撮影。

手前の島が神島。奥が伊良湖岬。
凪の海の光景です。

こういう写真はコントラストの基準をどこに決めるかいじり方が難しい。
デジカメ写真はいじるのが原則とすれば、いじり手の考え方が一番出てしまうシーンかも・・・・(笑)
今は使っていませんが(表記のカメラはその後転落させて壊してしまった(涙))。EXLIMは好きなカメラのうちの一つです。なんか使いやすくて、CCD&処理エンジンの色の出方もスキで。

#今のデジカメはレンズ-フィルム-現像(プロセス)-紙ヤキであれば紙やケミカルと焼き手の腕次第、という段階ではなくほぼCCDの性能や画像処理エンジンの出来具合で決まってしまうんでね。

写真もそれはいいカメラ、高いカメラがあっていい写真が撮れるという考え方もあれば、安くても感性とか、センスとか、チャンスをつかむ力とか。はたまた撮った写真でなんかを語ってください、そんな写真撮れますか?、っていう部分まで。(僕は一番最後を磨きたいな、と思って居るんですが、なかなか(^^;)

僕はどうだろう、iPhoneを持つまではかならずコンデジを肌身離さず持っていました。通勤にも休みの日にも。今は携帯電話がその代わりなんですが(^^;

脱線話ですが無線も僕の趣味のうちの一つなんですが、最近の無線界はネットテクノロジーが入り込んできて何でもありで暴走する部分が出てきてイノベーションの恩恵とモラルの境界はどこにあるのか判らない状態です。どうでしょう、写真がアナログからデジタルに急速に置き換わった時期に似ているのかな、とも。

写真も中高年の写真がブームになったとき、じーさんばーさんまでニコンのF1桁とかキャノンのEOS1ケタをこぞって買って、首にぶら下げて僕の会社まで夜な夜な来ていた時代がありました。けどそのときから思っていたこと・・・・ハードウェアと写真の出来は全く別物で、F4やF5を持って、ちょっとforProfessonalと書かれたポジを使って撮ってみても、下手な物はヘタ。せいぜい作例通りの写真が出来ました程度の人が圧倒的だったような。ハッセルクラス、4×5クラスになると持ってても使いこなせないアマチュアの人が多くて。これは現像していた人間がいうからホントの話です(爆)(まあその「作例クラスまでしかまねごと写真を作れない」とか、「ハードに見合うスキル、センスがない」部分はアマ無線界にも言えるのかも(爆))

で、何が言いたいか。
個人的考えとして、基本的にはカメラは写真を志すにはなんでもええ、1万のコンデジやiPhoneやiPadで十分。敷居は昔に比べてかなり低く、取り組みやすい趣味だという事。ハードウェアを盾にしてそれを威厳にしなくちゃいけない人には絶対何か負い目があるという事を気付く能力というか視点を持たないといけないという事も。。

なにやってんだよ、そんな物盗って・・・

っていう事件がアジア大会であったみたいですね。

EOS-1Dの最新機種みたいですが、あんなものはプロやプレスはメーカーのプロフェッショナルサービスを受けるために機器を登録してあったりする物です。盗品が流れてもすぐ判ります。

ましてやあんな高価な物、税関の持ち物検査ですぐ引っかかるはずですので、パクっても自分がパクられる事くらい判るはずなのに・・・・・

こんな事で人生をフイにすることが残念でなりません。

#けどなんかこんな物を盗るなんて、不自然さがぬぐえないことも事実なんですが。
 詳しいことをもっと知りたいです。

Q-S1の実物見てきた

きょうは少し時間があったので、名駅に某所用で1往復。
あおのあとソフマップに行ったら。Q-S1の実機が置いてありました。
さわってみたけどなにが変わっているかよく判らなかったのでふーん、で帰ってきてしまった(笑

その近所にK-50が置いてあって。こちらもさわってみたが、SLRとしては良い感触を得たです。ファインダーはかなり見やすかった。明るかった。値段がこなれてくれば無線機買うのと両天秤にかけても良いかもしれない。(ムセンはなんか生活が忙しくなってから、マンネリズムとか人間的にいやな部分とか見聞きしてしまったので最低限にしている感じなんで・・・デジタルSLRを買ったら、写真にドライブがかかってしまうかも知れない)

これから2ヶ月家では大規模修繕のための足場がかかってムセンが出来ません。写真に魔が差したらどーなっちゃうかな・・・・(笑

カメラ盗事件

数日前でしたか、名古屋で大量のカメラ(高級デジカメ)などの盗品が別の有名専門店で売られているという事件がありました。
地元では結構大きく取り上げられて何度もニュースが流れていました。

盗品を売っていたのは、名古屋の一等地にビルを構える有名な店。フィルム時代から品揃えも豊富で、ここに行けば何でもそろう超便利なお店でした。広告も派手で、同じ地区の別の意味で有名な販売店(いい意味でですよ)と競り合って、カメラ関連と言えばこことソコで地域を盛り上げたお店でした。

しかし今回は盗品を大量に買い取っていたことが発覚して、世間の厳しい目を浴びることとなってしまったのです。

#カメラやレンズは製品にシリアルナンバーが刻印されているので、仮に窃盗被害に遭っても番号を控えてあればメーカーからの流通ルートはすぐわかるので、捜査が入って番号を照会すればすぐわかっちゃう話なんですけどね・・・・・とくに未使用新古品なんてのは特にわかりやすい話なんですが・・・・昔からですがね(笑

片やカメラを盗まれた方は岐阜が本社の老舗、アドアマや愛好家を多数顧客に抱える専門店で、、昔からメーカーも丁重に扱う会社です。
(なんでそんなことわかるの?と言われれば~それは私がその業界にいたから(w。プリントなどの制作でも重要店には注意を払え、という常時指示が出ているお店はほどほどにあるのです。扱いに満足が与えられない場合は袋そのままにしてプロラボ廻しにしてまで充足させられることがある店というのはアマチュア界あっても実在するのですヨ)

実はどっちもその業界にいたときは会社としてお客さんでした(笑
ニュースで両方の実名を聞いたときははぁ!とおもってビックリしてしまって。これでは両方の会社、顔を合わせるどころではないですね・・・という話ですね(爆)

#携帯電話では盗品はSIMが読めないとか防犯措置が取られていますし、盗品が流通したときにはすぐわかるようなものは世の中幾らでもあったりします。カメラなんて修理に出した場合にはシリアル番号メーカーで記録されるはずですので何かの形でいずれは足が付く、という話になってしまいます。
中古を入手する場合にはそのあたりのリスクを承知の上で買う事も忘れてなならないでしょう。

とかいっても、自分もアナログ時代持っていたモノの大半は中古で揃えたものでした。カメラもレンズは良い物はそれなりの値段が付きます。が、デジカメ本体は家電品です、一気に値段は下がっていきます。僕は本体には手を出さない方が良いと思っています、所有欲を満たす価値があるモノ以外は・・・・・(笑

写真が一応好きな新人君・・・

自分のつとめている会社にも3人の新人君が入ってきて早1ヶ月が経ちます。

そのうちの一人が写真好き、旅好きとかいうことで飲み会の時に少し話をしました。

旅行の話はほどほどにして、写真の話をしました。。。。

今のコって、写真を趣味という場合どのくらい何をやっているのかな・・・と少し気になって。あれこれ聞いてみたけど・・・・

まず、モノクロは全くやったことがない、と。現像も全くやったことがない、と。
なんかすんごくむずかしいことで僕にはできないような雲の上の様な話の様なことを言われました。イルフォードもやったことがない(XP2、カラー現像のモノクロネガ。)みたい。
当然暗室を知らないので、ペーパーの号数の話も出来ません。フィルも写真殆どやったことがないそうです。(自分ももうかなり長い間やってないけど・・・・)
無線で言えばノーコード(CW=モールスコードの用件(資格条件)無し、という話で、今時の写真は白黒の技量が無くてもやっていけるのは確かです。

今の新社会人だと自分とだいたい20年くらい年が離れているのですが、その頃の自分が作った物差しと、今のコたちの物差しで話がかみ合うワケがありません。あんまり突っ込むと出る杭コツン状態になってしまうので酒の席だから笑ってニコニコ、で終わりましたが。。。。。

今の写真趣味は大変です。次から次へと新商品、高性能なハードが出てきて、モノの常識もすごい速いスピードで変わっていきます。(カメラはすでに家電製品ですし(爆)、ロングセラー、ベストセラー製品なんてカメラ関係ハードでは出ることはないでしょう)
作品の仕上げも昔は技量のあるラボと付き合って二人三脚で仕上げていく、というのが常識でしたが、いまはすべて自分で最初から最後までやらないといけません。(頼むことは頼めるのですが、写真の現場は既に新規採用なんてとっくの昔にやめていて、焼くだけ出力するだけ、の世界になってしまっています、アレコレ頼むのは後ろに継ぐべき人がいないので、もう無理です、ほとんど。)

だいぶ脱線しましたが、
まあおんなじようなジェネレーションギャップというのはどこの世界にもあるのでしょうね。無線なんかで同じようななことあるし。

変わらないのは、撮った写真で何か語れるか、というところかな。手段はどうであれ、一枚の写真(複数枚でも良いんですが)で何か語れるような写真をいっぱい持っている、なんてのを一つのスケールにした方が良いかもしれない。
そう思いたいです、はい(^^)

Q7買って3ヶ月。

Q7を買って3ヶ月が経過しました。

最近は撮影の頻度も(日常生活にあまり遊びの部分がないので)低くなり、稼働率が下がってきました。
(要は遊びに行って写真を撮るヒマがないんだよ、という話(笑))

もうすぐすると桜が咲きます。色鮮やかな季節になります。その頃になると稼働率は上がることでしょう<たぶん(爆

======

昔、現像やっていたころ、この季節は憂鬱でした。
桜満開、晴天、週末が重なると大量のフィルムが集まってくるのです。
もうあふれるくらいの大量の量でしたから、救急現場のトリアージではないけどどのフィルムが優先で、どれが後回しか、という振り分けをして現像を処理した物でした。フィルムの種類によって流せる間隔がちがう(8x10や220は1山あける=現像の間隔を2分置きにする)ので、どうしたら最大公約数でやれるか、という頭をつかう現場作業だったのです。

そんなのも数年前に終わってしまいました。繰り返しの懐古ナンチャラになっちゃうんですが・・・・(笑

今年はQ7でいい写真をいっぱい撮りたいです。撮り直しの意味をこめて、、、、、、、(^^)

スパム対策しました

ちょっと書き込みが滞っています、すいません。。。。

表に出て来ないのですが、コメントスパムをなんか受けちゃったみたいで、コメントできないようにしました。

#特にコメントをして貰うような記事もないので?書きっぱなしでいいかな~という話にしちゃいたいと思います、なんか反応したい場合は、FBに引っかけていますので、そっちでよろしくお願いします(^-^)

駅スナップ/大阪環状線 寺田町駅

 

昔作ったポストカードを引っ張り出してきて、スキャンしてみました。
(文字の焼き込みがあるのはそのためです、ポジリスを1枚かませて焼いています。)

だいぶ昔なんで、データがわからない・・・・
少し右側を切ってやった方がよかったかな・・・・・?

#このポストカード、まだ10枚くらい残ってます。だれかいりません?(笑)

【写真はFBの鉄道コミュにも載せてますので、ダブリます、すいません(^^)】

ナゴヤ球場にて

日曜日に行ったナゴヤ球場での話。

我が家族、1塁側のスタンドに座りました。
その上に、ごっい機材を持った、女性のカメラマンらしき人がいました。
機材をチラ見しましたが、高級な長いタマをもっていたので、アマチュアやアドアマの機材構えではなさそうです。
多分職業カメラマンか、職場の機材を貸して貰ってやってきたのかなぁ。

5グループに分かれてのノックが始まりました。すると、連写でカシュンカシュンと撮り始めます。
最初のうちはおお撮ってるね、と思っていたのですが・・・・・
それが・・・・・1分間に数十枚のペースが約1時間以上止まらないのです。

だいたい想像できると思いますが・・・・・だんだんと苦痛になってきました。ミラーの上がる音、シャッターの擬音が1分間に数十回というのがそんだけの時間止まらなと、いくらなんんでも苦痛になってきます。どうして客がいっぱいの日曜日にそんなことやるのさ、と腹が立ってきて。
確かに場所はネットもかからず、光線状態もよく、そこそこのタマを持っていればベストポジションでした。しかし周りとの調和を考えればあんた切る数はほどほどにしときゃぁ、という話でして、、、、、、

それと思ったんだけど、下手な鉄砲も数打ちゃ当たる、じゃなくて、シャッターチャンスを狙う、という撮り方をどうしてやらないの、鍛錬しないの、機材のスペックに頼らす自分の五感を使って最高の一瞬をつかみ取る撮り方をしないのかな、という話でもありまして。

昔、仕事でスポーツ写真のネガを借りてくることがありましたが、本職は(何でも湯水に切るような)そんな撮り方をしない、というのはじゅうじゅう自分なりにわかっていたので、ちょっとこの人(女子カメラマン)は芸がないな、と思って、(寒いのもあったのですが)内心むかついて球場を出てきました。

大体どこで、どんなポーズを取るかというのは野球の基本動作を練習しているのですから少々見ていればわかる話だと思うし、一体この人は何をやりたかったのだろう、と思ってしまって。デジタル化の弊害なんでしょうか、それとも今の流儀なんでしょうかね。
趣味でやるにも業務で世間に紛れ込んで撮るにしても、その行為は社会やその場の雰囲気と融合していなくてはないとまずわきまえなければいけないと思います、それは写真だけでなくほかのいろんなコトにもいえることなんだと思うのですが・・・・・はい。

デジカメ記録は何年分・・・?

自分の撮ったデジカメの記録、何年分あるんでしょう?
んなことを考えて、しらべてみると・・・・・

1997年からありました。だから、14年目ですね、今年。
冷静になってみると、アナログオンリーでやっていた時代の年数をすでに完全オーバーしてしまっています。

#もっと冷静になると、アナログフィルムの仕事に携わる仕事をしていながら自分の写真は知らん間にデジタルオンリーになっていました。完全な矛盾状態ですね(笑

自分の最初のデジカメは、フジのDS-10でした。35万画素ですね。
その頃は、カシオのQVなんとかとかいうデジカメが一世を風靡して~と同時か、そのあとだったっけ。
社内で売りさばかれている物を2マン某かでつい買っちゃった、っていうなれそめでした。
それから結構長かったのがケイタイのカメラ。ボーダフォンのケイタイのカメラの時代に結構よく撮りました。SDカードが挿せて、取り出しとかのハンドリングが良かったから。あとその後に買っEXSLIMが結構お気に入りでこれも長く使った。しかしある寄り合いで記念写真の際、落下させてあえなく粉砕させてしまい涙の別れ(涙
その後やむを得ず買ったケンコーブランドの1万円のコンデジでしばらく日常撮影は済ましていたんだけど、どうしても画像処理エンジンの色合いがだめで、あわなくて。(なにでどうとっても青みがかってしまうの。補正すれば直るんだけどだんだんめんどっちくなってきで。いつかは乗り換えてやろうと思ってじっと待つことしばし・・・・・

ヨメサマが永年勤続とかで記念品を貰うとか言う話が出て、持っていたフジのデジカメを下賜して貰いました(笑)
フジのデジカメ・・・・もともとフィルムで喰っていたメーカーですから、画像の処理エンジンはどうやってもそこそこ万人受けする色合いを出します。フイルム(特に一般向けのネガ)なんかの血筋を引いているのでしょうが、これが(じぶんはがヒネクレなんで?)おもしろくない。万人に受ける物作りとしてはサイコーなんでしょうが・・・・・
で、2年前にiPhoneに電話を替えたら、あっという間にコンデジは出番が無くなりました。
画素数は1000万ないんだけど、それなりによく写る。あっという間にそれなりで間に合う写真はあいぽんのカメラになってしまって。
さらに昨年5Sにかえたら、さらによく写る。ズーム関連の性能が良くなり、4G回線でクラウドに上げてハイ終わり!で済んでしまうので・・・・・(自分はiCloudではなくて、Yボックスで50GBデフォにしてます。)

いつも通勤カバンに入れているのはそのフジのコンデジ・・・・・・だったのですが、少し前にこの「カメラを携帯する」っていうのをやめました。よくよく考えて見れば日常的にコンデジで写真を撮らなくなっていて、ケータイのカメラで用を済ませている自分・・・・・。

一眼レフのデジカメは、今の会社に転職するとき、失業記念に買って貰いました(本当ですw)。
K10Dのボディ、10万円しました、まあおつかれさん、ということで?もうフィルムなんか二度と使ってやるか!?、的なヒネクレ根性もあったのでしょう、家計費から出してオーナーになりました(笑) レンズはアナログ時代の物を流用。それでもいいや、と割り切りました。まあ出動機会も子供の記録でどうしても長いタマで引き寄せないと、という場面が多かったので、ボディだけも良かった、という側面もありましたが・・・・

そしていまメインのカメラにはQ7を据えました。コンパクトさ、ハンドリングの良さ、撮ってるという感覚を総合すると現実と欲求の交点というか妥協点というか、そんなところですね(笑)

現在のところ14年の歴史はまだ320Bのハードディスクにまだ14年分収まっています。2~3年すると2台目になるかな・・・・
(最初はCD、その後DVDに焼いていたんですが、レーザー焼きのリスクに一度引っかかりそうになったので全部HDDに収納し直しました。デジタル写真のリスク問題ですね。このことについてはまた後日触れることにします・・・)

写真遍歴は物欲遍歴でもあります。また後日いろいろ書きますね・・・・・(笑