旅写真

まっすぐな道

massugu02

写真は上富良野から富良野に向かう、どこまでもまっすぐな道。

一旦停止と信号が計3か所くらいしかないまっすぐな道です。富良野から十勝岳温泉に向かう最短ルート。237号の車の多さとは無縁の道です。

富良野に向かえば目の前に芦別岳などを望み、上富良野に向かえば右手に十勝岳連峰を望む道です。丘も見えるしこの上なく素晴らしい景色が広がります。(よそ見注意(笑))

massugu01

(十勝岳温泉/吹上温泉に向かう道です)

北海道には走ってみたい道がいっぱいあります。まだ走り足りてないです。

なので飽ききるまでまた行ってしまうと思います(笑)

お土産などは腐るほど回数のある北海道物産展で年中手に入るようになってしまいました。(ありがたみが無くなってしまった。なので今回は自分の土産は買わなかった。)景色や実体験は持ってきてもらう事が出来ませんので、通いになっちゃいます。

このことが理解できない人は、北海道にかかわらず旅に身を預けることは難しいでしょう・・・hi。

小樽/手宮線

temiya

久しぶりの北海道旅行の最初の目的地は小樽でした。

小樽運河あたりを見せてあげて、なんか喰って帰ってくればいいかぁ、くらいの気持ちで。とにかく端折り旅行だったので数時間の滞在で。駅から運河に行く途中で、この場所で家族に止められました。

「パパの撮った写真の場所だよ!」

で。

手宮線の跡地でした。歩きスマホでぼーっとしていたので気づかなかった。情けない限り。

ああ 情けないパパです。

otaru_19950503_02

(ILFORD-XP2,1995-05-03)

あれは27年前の話。

まだ鉄道写真に燃えていたころでした。シロクニ(C-62-3)が復活を遂げて、問題が表沙汰に出ずに走っていたころでした。この時もGWの高い航空券を買って山線に参戦してました。帰りに築港まで追いかけて、駅に戻ってくる途中に手宮線があって。

otaru_19950503

この写真が「パパ!」と止められた写真です。

ポストカードにしたし、この写真でCAPAにも載せてもらいました(^^)

本棚に飾ってあったので家族の方が覚えていました。

気づかなかった自分が情けない(笑)

27年ぶりに訪れる事が出来て、こうして書き込みができることが嬉しくてたまらない。

行っといてよかったです。

美瑛の丘 その2

oka

日曜日は美瑛の丘巡りでした。

一面白銀の世界で、ピーカンの晴れは、幾度どなく通った中でほとんどなかったような。

これはiPhoneで撮ったもの。

やはりかしこいね、この電話機。機動性はいいし、すぐ撮れるし。すぐアップロードできるし。

ちなみにこの時だれもいませんでした、我が家だけで独占でした(^^)

ケンメリの木の近くです。

 

親子の木/美瑛

oyakonoki

3/18~20で久しぶりに北海道に行きました。

冬の北海道は新婚旅行で行った時以来なので、18年ぶりになります。

いろいろ思うことがありましたが、ここは写真のブログなので与太話は他のところで。

写真は「親子の木」です。

カメラはiPhone6です。多少いじりましたが、Webネタを撮るのには十分です。

Q7を持っていきましたが、ほとんど使いませんでした(笑)

今回600枚くらいあれこれとってしまいました。アナログなら現像代で顔真っ青、な金額です(^^;

 

ぼちぼち上げてあれこれ書いていきますネ!(^^)

函館

19900921_hakodate

函館 幸坂 1990-09-21

元はコダクロームです。エマルジョンのアタリが悪くてかなり逝ってます。モノクロであげました。

あれは大学4年の最後の夏休み。3年連続で車で出かけて、最後の年は一人気ままに愛車にシュラフにテントにカセットテープ山ほど載せて、1ヶ月の長旅に出ました。もうこんなことをする機会はないと思って。

小樽から入って道内回りまくって、最後に来たのが函館。8月の盆明けに出て、この時には9月の20日を過ぎていました。すでにゼミ以外の単位は3年で全部取ってしまっていたので4年は殆どバイトと遊び。今の学生さんからしてみれば信じられない!という年でした。

いろんな人と出会って、最後ここに来たらまたヒトリになっていました。最後はさすらいロンリー。かっこええ!(笑

19900921_daisansaka

(写真は大三坂 1990-09-20)

#これは色がましだったのでカラーのまま上げます。

この写真は9月の20日だったので、もう夏も終わり、秋晴れ、夏名残惜しく北の大地を去る前日、の一コマでして(元ポジはもっと秋のヌケた青色をしている)、写真を見返すとちょっとあああの時は一人おセンチになっていたな~、と思い返してしまうのです。それはなぜか25年以上経っても同じなんです。写真の力というものは大きいです。あの日あの時ピンと来た時にはシャッター押しておいてよかった、という写真です。

話が少しずれますが。僕は何度か函館は行きましたが、実のところ函館で旅人さんと交わったことがありません。実のところそれが旅の宿題でして、もし行けるならばソレ系の宿に泊まって、今からでもその残された課題の、空いた穴を埋めに行きたいと思っています。観光はそれなりでいいので、出る人入ってくる人が交わる現場にいきたいなぁ、と思っています。これは生きているうちに絶対埋めたい欠けたピースというか、そんなものであります。

hakodateyama

函館山の「朝焼け」1990-09-21

その夜。僕は通行規制が融ける22時を見計らって、愛車で登って、山上で車中泊をやりました。目的は一つ。函館山からの朝焼け、昇る朝日を見たかった。

夜景は誰でも見られるけど、この光景は頑張らないとみられません。刻々と色彩が変わっていく、開けていく朝の光景を見たかったのです。僕の北海道最後の目的でした。

結果は上の写真のとおり。ワンチャンスをものにできました。

そして仮眠したら、日は上って僕と愛車は観光バスに取り囲まれていました(爆)

そして大間行のフェリーに乗って北の大地を後にして、陸走で数日かけて帰ってきたのでした・・・(^^)

釧網線北浜

釧網本線北浜 1990-09-02

19900904_kitahama

知ってる人は知ってる、釧網本線の「オホーツクに一番近い駅」の北浜駅。

左の扉が喫茶店で、右の扉が改札口です。

26年前なので今がどうなっているかは知りません・・・・貼られているのは大半が定期券だったと記憶していますが・・・・

名刺の人も、学割貼ってる人もいましたね。

・・・あ、僕も貼りましたね、近鉄の定期券(w。そして再び訪れたらまだあった!あ!知ってるあのコのソレもあった!とか(笑

#けどそれを確認に行ったときは冬で、確認したいがために降りて、寒くて、汽車来なくて、バスも終わってて、歩くのにも勇気なくて(夜行大雪を網走で捕まえる予定だった)、たいそう辛い思いをした思い出があります(爆

また行きたいんですが、行けるまで釧網本線が果たして残っているかが問題です。観光要素があるのでめちゃ心配することはないのでしょうが、せめて僕の定年までには残ってていておくれよ、という話でもあります・・・・。

 

佐賀インターナショナルバルーンフェスタ

sagabaloon19931120_2

佐賀インターナショナルバルーンフェスタ1993

1993-11-20。

昔はなんでも撮りたくて?、あちこち行きました。身軽だったので・・・

気球競技は鈴鹿でもやってたりしますが、この競技、やるのは早朝と夕方、という制約があり(気流の関係上)、さらに当日でないと決まらないタスクの方式(飛び立つのか、やってくるのか)がその時にならないとわからない。なので遠征してもあ~あ、という事があります。

sagabaloon19931120_3

被写体は切り取るもよし広角で撮るのもよしなんですが、いかんせん前述のバクチ的?要素があって&追いかける暇がないということで撮らなくなってしまいました。

sagaballon_19931120

(キハ67の前にあるハリボテは、臨時駅のバルーンさが駅)

佐賀は2回いったっけ。大学の時に学校のゼミの先生に(僕は放送部だったんですが)「経済学研究会の参加者が足りないからお前も出ろ」と言われて遠路はるばる福岡(福岡大学だったと思う)まで連れていかれ、その最後に一人ドロップして佐賀まで行って帰ってきた思い出があります。もう1回はコレを撮りに行って、終わって長崎の浦上YH(もうないらしい)にとまる予定だったんだけど迷ってしまって着いたら怒られた、という苦い思い出が・・・(苦笑)

また行きたいですね。写真撮って、今ならバルーンの無線局やって。
楽しい休日になると思うんですが、果たしてヒマがいつできることやら、、、(笑

 

会津大塩

aizuoshio01

只見線会津大塩駅 1993-04-02

1両分しかホームのない駅です。

当時JTBの出版だった「旅」にこの駅からちょっと歩く温泉、大塩温泉の事が載っていて、乗りつぶしのついでに途中下車しました。その時の写真です。

只見線も水害で再びつながる可能性が低くなってきました。そのうち過去帳になってしまうかもしれない光景です。。

 

尾道

onomichi19990321_02bw

尾道、千光寺公園から。1999-03-21です。

ポジをグレースケールにしています。(3枚とも)

若かったのでここまで歩いていけました。

いまは老体になったのでたぶん無理でしょう(爆

onomichi19990321_03bw

重い機材&旅装備をもってこの高低差を上るのはいまではもう無理かな(w

onomichi19990321_04bw

1日かけてぶらぶら撮り歩くにはいいところです。この日は半分雨でしたが、雨でも結構撮り歩くことができるところです。2回行きましたがまた行ってみたいところです。

釧網本線川湯温泉

kawayuonsen_19900910

川湯温泉に停車中のキハ40(40-123)です。

なんかうまくレイアウトしてくれたら昔の時刻表に使ってもらえたかも?な写真でお気に入りの写真です。まだタラコ色時代です。過去帳もの。

あのころは免許取ったかとってなかったの頃で。どっちで立ち寄ったのかよく覚えていないです。

聞けば釧網本線もリストラチックな話が出ていて。どうなるのかな・・・

kawayuonsen_19900910_2

川湯温泉駅のオーチャードグラス(喫茶店)、ってまだあるのかな。

あと、つつじの湯とか(異様に熱かった思い出があるが、駅前温泉として貴重だった)、

駅前の民宿(は、オーナーも名前も変わってしまったのまでは覚えているのですが、そのあたりも・・・)

いつか思い出をたどる旅に出てみたいです・・・果たしてあの世に行くまでにいけるのかな・・・?(笑