Monthly Archives: 7月 2015

花火大会 続き

2015_kuwanahanabi

先週の花火大会、動画だけでなくスチールも撮っていたので、念のためアップします・・・(^_^;

桑名の花火って、以前は最後が豪華だったんだけど最近は真ん中の仕掛けが大きすぎて最後がしょぼいんです・・・・・
プログラムを持っていかずに最後まで待っているとあれ~、という感じで終わってしまうちょっとイケてない大会なんですが・・・(w

#ちなみに今週末から1か月半、長島温泉の花火です。
 ベランダから真正面に見えるんですが、今年は久しぶりに木曾岬あたりに見に行こうかな・・・・

【動画】桑名水郷花火大会 その1

久しぶりに動画しました(^_^;)

PENTAX Q7の動画モードです。
今回は昨年の反省の元?、場所をちゃんと確認して三脚立てました(^_^;)

とりあえずの1発で、あと2~3発上げます・・・

どこまでフィルム写真は通用するか・・・

mizuho_19941126_komekami

寝台特急みずほ
東海道線根府川~早川 1994-11-26
廃止直前の写真です(12月で廃止でした)
プレストのスキャンです。ツラが影なんだけど全体のバランスを考えるとこんなもんかー、で明るさは決めました(笑

鉄道ダイヤ情報のお立ち台特集なんかがあって、それを片手に行ったっけ・・・
(鉄道雑誌もよく月刊5誌が潰れずに残っていますね。奇跡かも・・・・(^_^;)

「なんでも10年持っていれば資料」という言葉をどっかで聞いてから、僕は物持ち(ガラクタもち、ともいう(笑))になりました。
まあ写真のネガくらいだったら問題ないか、という事で昔から集めたパンフレット類とかはスキャナを買って取り込んで(残したいもの以外は)捨てちゃって。
ポジとネガだけが僕の鉄道関連資産なんですが・・・・(w

資料性のあるものは嫁様からクレームが来ないうちは持ち続けているつもりですが、フィルム写真も写真サービス産業が写真館(はやりものの)以外はない、という状況でいつまで通用するのかな、とも思ったり・・・・

なんでかというと、フラッドヘッドスキャナには今でこそ蓋部分にアンドンがついて売られていますが、そのうちメーカーが必要性がない、と判断すればそこで一巻の終わり、ドライバが提供されなくなったら終わりなわけです。
むかし「ポジプルーフ」といって、モノクロコピーのガラス面に置いたフィルムを、4×5の大きさのハロゲンランプ内蔵のアンドンボックスで照らしてキレイなフィルムのモノクロコピーを取るツールがありました。
たぶん今時のスキャナだったら通用させることができるかもしれない(けどCCDが走査している間に熱もつランプが持つか、という問題もありまして・・・・(^_^;)
たぶん将来的にそうでもしないと民生品レベルではフィルム資産を生かせなくなる時代がどうでしょう、10年くらいすると出てくるんじゃないのかな、と思ったりしてます。

話がそれました、
おそらく(僕の持論ですが)フィルムはモノクロで自己完結して、でしかできなくなってしまう。カラーをフィルムで再現するには三色分解撮影で撮る、とかしかできなくなってしまいそう・・・(そしてそのことを知っている人は案外少ない(笑))

フジは最後のなんとかまでフィルムはやる、と言っていますが、現場の限界がどこか(どこで見切るか)、でしょうね・・・・
ぼくはそう遠くない将来だと思います。コダックはアレだし、モノクロでバリエーションを持とうとすると輸入品を入手しないとできないのが現状。
僕の老後のたしなみとして、モノクロフィルム写真ができるのか。内心ハラハラしています・・・・(^_^;

長崎

nagasaki_1990_04_01

長崎電気軌道 石橋電停
1990-04-02
ネガから起こしたスキャンです。25年前のネガにしては画像がいい感じで残ってる。
しかも安スキャナでここまで持ってこれるのだからたいしたもんだ、と。
デジカメで25年前の画像は・・・その時の画像で残っているのが理屈ですが、メディアが逝かれて呼び起こせないのじゃないかと危惧すべきなのかも(爆

nagasaki_1990_04_02

この年 乗りっぱなしで終わっていた旅行から、初めてYHに泊まって、という旅行をしました。会員証を作って最初に泊まったのが長崎YH(もうありません) 春休みだったというのにガラガラだった覚えがあります。
長崎は4回いったかな、家族旅行、修学旅行、このとき、そのあと佐賀バルーンの宿で泊まったとき。

ここからが僕の人生を変えたなんとか、というわけではありませんが全国泊まりうろつき歩き、が始まったのでした。。。。。

のてつ

hikata_02

野上電気鉄道(廃線) 登山口駅
1994-2月か3月(だったと思います)

廃車にしたけど解体できなくて放置された電車。
すでに生活の中に別の意味で溶け込んいる一コマです。

hikata_01

2枚目は特に意味もなく覗いてみた写真(笑

ほとんどが解体されてしまい、たしか元の阪神電車のルーツの車両だけ引き取られていった覚えがあるのですが・・・・<のてつ。

#野鉄のいっぱいの写真は本館にWebページを作ってあるのでそれをご覧ください。
 ここも撮りに行って20年なので、そろそろ「その後」を見に行きたいです。。。
 ちなみに僕は撮影後、今まで一度だけのJAFを呼びました。
 路肩で脱輪したの・・・・・(泣

ぶらり撮り鉄

keage2

旧京阪京津線蹴上電停。
たしか1994-2月か3月だったか・・・ネガの記録がありません、野鉄(野上電鉄)の前にネガが繋がっていたのでたぶんその位だとおもう(^_^;
昔から電車だけでなくて、こういう周りの風景と絡めて撮るのが好きなんです・・

#この時は夕方だったのでだいぶ光が足りなくてキツかった。今なら手ブレ防止とか、感度的に4~5倍の能力がカメラにあるのでなんてことはない時間(夕方)なんですが・・・・今の人はいいよな~・・・と思いつつ、線路はもう地下に潜ったので撮れないもんね~、と言っちゃおうかな(笑)

ranndenn

嵐電太秦(太秦広隆寺駅) 日時は同じ。

また撮りに行きたいな~。あんまりじっくり撮らなかったので数がなくて。
時間をとって撮りに行きたいです・・・

撮り鉄

shirasagi_19931011

特急しらさぎ 1993-10-11 新疋田
485系時代です。
485ももう風前のともしびで、どっかにちょこっと残っていいるだけですよね。。

#あいかわらずモノクロ。
 モノクロは30年前にはISO400がデフォルトだったので、ちょっと厳しいときの写真は全部モノクロコレクションなのです・・・・(^_^;)

いまはたしか疋田も厳しくなったのか、昔とれていたポジションでの写真は出てて来ませんね。
撮り鉄は昔に比べて一部の心無いヤツによってだいぶ肩身が狭くなりました。
昔もそれなりに険しいことはあったのですが、最近は?がつく話が多いですね。
アマチュア無線もそうなんですが、趣味はごゆるりとやりたいものです・・・

カラーネガも結構いけるかな?

suzuka_19991010

鈴鹿バルーンフェスティバル「バルーンイリュージョン」
1999-10-10 鈴鹿サーキット。
コニカGX400っていうネガです。

あいかわらず買ったうれしさであれこれやってます(笑
古いネガですが結構再現性いいですね。
多少いじっただけで使える画像になりました。
もともとネガとの相性に合わせたドライバのつくりだったのかな・・・とも。
カラーネガの資産も実は膨大なものがあります<自分(^_^;)

★そういえば鈴鹿バルーンは昔F1GPの直前位だったです、その後9月に持ってきたのですが、行ってないなぁ・・・被写体としては結構興味があるので、再訪してみたいんですが・・・・・(そう遠くじゃないんで・・)

スキャナを買った その5

だんだんと慣れてきました。
いろいろと昔のネガを眺めながら、気に入った写真をスキャンしています。

morioka_ed75_19950722

1995-07-22 盛岡駅。
北へ向かう12系の客車(普通列車)です。
右にチラリと今は亡き特急「たざわ」が見えます。

この時は仙台行のバスに乗って、18切符で北上したんだっけ・・・
ああなんかそういう列車に揺られてぼーっとできる旅をまたしたい・・(とかいって、当時のトレースをすると途中で3セクになっちゃうんだよね(^_^;)

kaikyo_aomori_19950722

これはそのあと乗り継いだ快速「海峡」、ED79。
青森駅です。プレストで撮影。
なんか切り文字でない形式と車番が半痛々しい?とも思えちゃう・・・・
海峡フィーバーも過ぎ、後ろの客車の数の寂しさも・・・・

20年以上の過去の資産が簡単にこうした形で使えるというのはうれしいかぎりです。

で、この後2~3年後から自分の写真の記録はデジタルオンリーになっていくのですが、それからの撮り方と言ったらすごいラフになってしまっていると思う・・・記録代が実質タダだ、というのは言わずもがなそうなっちゃう、という事でもありまして・・・・タダより怖いものはないです、なんでも・・・