続きです。

Q7を買って良かったことの続き。

☆写真を撮ってるという感覚で撮れるということ

当たり前間なのですが、コンパクトのデジカメ。ケータイのソレとは違い、一眼レフのカメラをスタイルを撮るスタイルで写真が撮れる。これはい自分にとってすごく大事なコト?でした(笑)
コンパクトなソレで撮ると、どうしても適当に写真撮ってしまうのです。ズームリングを回して構図を決めてシャッターを切るという感覚がないとやっぱ写欲が出ないですね。感覚を戻したという点でも十分だったのではないかと思います(^^)

☆電源周りの汎用性

このカメラを買うまで、カメラの電源にはしばらくの間こだわりを持ってました。
なにかというと、電池電源の汎用性です。私の場合は(過去のトラブルなどから考えて)単3電池でないとダメ、と決めて、コンデジを買う際にはあえて単3電池が使えるモノを選んだりしていました。
さすがに今回はその考えを改めないとハードが買えないので思考を変えましたが・・・・・(笑)

幸いだったのが、このカメラ、NP-50互換のリチウムイオン電池だったと言うこと。
電池は形としてかなり前から市場に出回っていて、通販で買えば2コ700円くらいで手に入ってしまう。これは大きいです。2~3個持って行けば泊まりの旅行で撮りまくっても大丈夫。チョイスの大きなファクターであったのは(実は)いうまでもなかったです(笑)

欲を言えば本体で、USB経由での充電が出来れば・・・・・コレが出来るカメラはいっぱいあるし、出来れば後継モデルでやってほしいですね(^^)

あと思いついたら続きを書きます(笑