カメラマンなんていう職業、写真好きだったらなんか憧れちゃいますよね。
肩書きとして格好いいし、売れっ子カメラマンなんていったら花形の仕事、みたいに思えちゃいます。

ですが、現実はそんなに甘くないというか。そんな現場を(仕事を通じて)何度も見てきました。
(今の職場ではなく、前の会社での話です)
そして、現場が抱える悩みなんかも。(これが結構大事な話です)

まず、写真で安定したサラリーマン並の収入で喰っていける人はあまりおらん、という現実。
いいクライアントを持って、そこそこの金回りを保てるプロカメラマンなんてほんの一握り、という現実でした。
これに拍車をかけたのが商業写真のデジタル化。コレには2つの市場破壊の現実が待っていました。
まず、(フィルム代なんかいらんだろうということで)単価がどんどん切り下がり、やっても仕事に見合うギャラがもらえない。フィルム代以上に単価が切り下がってもうやっとれん、という人が続出しました。
デジタル技術に付いていけない人もマーケットから追い出されました。いままでラボまかせで最終結果を出せばよかったものが、RAWで撮って、自分で加工して、使えるデータにして出して、それでアナログ以下のギャラしかもらえないわけです。これではやっても無駄、ってこと商業写真は畳んでアドアマ向けのセンセに転向して収入源変えた、なんていう人もいます。

次に、デジタル化、ネットワークの普及は商業写真の地方の仕事をいの一番に奪いました。
それまで地方におろして地場でやらせていた全国的な仕事も東京一括でやっちゃって、地方は出来たものの媒体現物支給とかデータ支給で意匠出すだけとか。こうなると人口や経済のスプロール化みたな事が真っ先に起こって地方都市の写真の仕事は真っ先になくなっちゃいました。

#まあ、某アイドル系のフランチャイズ化と同じかな。ええこといってるけど、結局は統一基準で篩にかけて、全国画一基準で取りそろえました、与えられるソフトも全国基準。これでは地方でなんも育たない、育てるノウハウも経験則なんもなくなっちゃう。なくなく商品のPB製造の傘に収まって自己で生きていくノウハウを知らず知らずのうちに失ってしまって抜け出せない、というあれ・・・(爆

話だいぶそらせちゃいましたが・・・・

次に僕がみた現実、その2。
志浅く、修行をしない、出来ない子がある時期から急に増えたこと。
これはどうでしょう、僕が写真業界から出ざるを得なくなったとき、の末期数年の話ですが、スタジオに入って下積みをして、やっと大判のシャッターや絞りを物撮りで触らせてもらえる位までになるまでに我慢が出来なくてやめちゃうようながコかなりいて。
あげくの果ては「僕はワタシはアルバイトでいい」みたいなコしかアシスタントで付かなくなったようなのを多くみました。あーこれでは業界は長く続かないなぁ、と・・・。
よくカメラ雑誌なんかにある「カメラマン●●氏に師事、その後独立して~~~」なんていう現実以下の話です。雇う方も単価がどんどん切り下がってバイト程度でしか雇えない、なんていう現実もありましたから一概に入ってくるほうだけが悪いとは言えないのですが、ああこれは業界未来がないな、と(両方を見て)思うことが何度もありました。

以下長くなったので次に続く

Posted in: 未分類.
Last Modified: 1月 15, 2014